くたばれ 8o's

         アナログ雑記


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


24
Category: なおしてんだか・こわしてんだか   Tags: ---

なおしてんだか・こわしてんだか - Nikon フォトミックFTn -






新シリーズ「なおしてんだか・こわいてんだか」と言うお父さんの奮闘修理日記をアップしていこうと思います

とは言っても掃除など簡単なメンテがほとんどです

過去の資産をお父さんの少ない小遣いで再び光を浴びれるよう、その手順など覚書程度に書き留めます

ですので失敗も多々ありますし、結果が出ないこともあります

あまり参考にならないかも知れませんが、これはこれで古いカメラとの付き合い方でもあるんです

それになにより勿体ないじゃぁありませんか!

なげーので興味のある方はcontinueからどうぞ


症状 ・・・ファインダーレンズに小カビ、塵、くもり
      プリズム部にカビ?蒸着剥離?
      露出計不動

難易度・・・3/10(結果的に)



ニコンいち壊れると噂のフォトミック。記念すべき1回は「フォトミックFTn」レンズの開放値をセットしなくと
も自動認識してくれる優れ物、通称アポロファインダーです。プリズムの下部にカビなのか?いやたぶん銀蒸着
が剥がれている可能性が高いのだけれど、ファインダーもくもっていることだし、分解清掃することにいたしま
した。では順を追って説明いたしましょう。

※分解は自己責任でお願いします。壊れても当ブログでは一切責任は取れません。


DSCF1177.jpg


まずは上部の貼革をアルコールを綿棒に浸し、精密ドライバーなどで破かないように少しづつ剥がしていきま
す。革面・本体に残った糊跡も綺麗に拭き取りましょう。そして赤丸で囲った4本のネジをはずします。


DSCF1178.jpg


上部カバーが外れました。続いてボディ上部基盤と下部基盤のCds(露出を測るレンズ)を繋ぐ配線を外しま
す。


DSCF1182.jpg


このマイナス3本を弛めると外れます。ネジは弛めるだけで取り外しません。


DSCF1185.jpg

DSCF1187.jpg


次に赤丸で囲った3本のネジを外し前部カバーを外します。


DSCF1162.jpg


更にひっくり返し、赤丸の4本のネジを外します。ここには弛止め剤が塗ってあるので、少量のうすめ液などで
弛止め剤を溶かしてからネジを外します。プリズムの下部にカビだか腐食だかの汚れがはっきりと分かります
ね。

あれ?写真だとまだ前カバー付いてますね(^_^;)


DSCF1189.jpg


上下が分断されプリズムが見えてきました。


DSCF1190.jpg


さて次にプリズムを降ろすため、Cdsの付いた基盤を外します。赤丸のネジ4本とプリズムを押さえているネジ1
本を外します。


DSCF1194.jpg


続いて赤丸の左側のプリズム押さえ1本、電池BOXのネジ2本を外します。

ボロボロになったモルトが出てきました。これが砕けファインダーに塵となって落ちてきますので綺麗に掃除し
ます。モルトの掃除はアルコール・つまようじなどでおこないます。


DSCF1195.jpg


ようやくプリズムを降ろすことが出来ました。いくつもの硝子を張り合わせ複雑な作りとなっています。ニコン
の技術の高さが伺えますね。

プリズムの掃除は各面をアルコールで拭き、仕上にレンズ専用洗浄液と専用ペーパーで拭き上げます。僕のおす
すめはHAKUBAので、フジのは界面活性剤が多く含まれているのか?洗剤残りするように思えます。

ファインダーレンズは外側から軽く押せば外れます。枠ごと外れますので、レンズ・枠ともに向きに注意して下
さい。


DSCF1197.jpg


ボロボロになったモルトを貼り替えます。赤丸のカメラ本体と接触する部分も忘れずに。あとは逆の手順通りに
組み上げていけば完成です。貼革を貼り直すコツですが、G17などのボンドで良いのですが、粘度が高く厚く
なってしまうため、うすめ液などでシャバシャバに薄めて綿棒などで薄目に塗り貼り付けます。

同じようなネジが沢山出てきますので、ブロックごと(上部カバーとか基盤まわりとか)分けて一時保存してお
くと良いでしょう。長さ違いなどにも注意です。その都度都度で写真を撮ることも忘れずに。組み上げの時に必
ず役立ちます。


DSCF1204.jpg


結果、プリズムの汚れは銀蒸着の剥がれと判断。しかし内部で剥がれているらしくどうにも手が付けられませ
ん。よってプリズムは改善なし。ファインダーレンズはカビ・くもり取れクリアに。不動の露出計はCdsの故障
と判断し深追いはやめました。プリズムがこれじゃあ直してもなあ・・・

まあ気にしなければ気にしないで使えるかな?レベルにはなったかと。でもアイレベルがあるから使わないか
な?(^_^;)
このあたりシステムカメラの良いところでもありますね


まとめ

やっぱりFはかっちょイイ!!
つーか、最初から結果出ねーのかよw



スポンサーサイト

テーマ ★カメラ&レンズ・機材    ジャンル 写真



 

Comments

Editatushiさん
いえいえ僕なんて出来ることなんてたかが知れてますよ。
でも過去の資産を皆さんにもっと使っていただけたらの一念で、
なるべく分かりやすく説明出来たらな・・と思っています。
壊しても仕方ないくらいの仕入れ値なので、意外とやってみると出来ちゃうもんですよ〜

そ・れ・と
あの例のカメラもシャッター切れませんジャンクでよく見かけます。
売り手が知らないのか?沈胴レンズを繰り出さないとシャッター切れないんですよね。
知らぬは損ですね。僕買わないけど(笑)
Edit
いいですねご自分でメンテナンス出来るって。
こちらの記事は3回も見直しちゃいました。

僕もフィルムカメラ手に入れた時はいつかは・・・
なんて思ってましたが下手に手を出して壊れるのが怖くて結局手を出せずじまいです。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。