くたばれ 8o's

         アナログ雑記


"Ai AF Micro-NIKKOR 60mm/F2.8" posts

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


06
Category: Ai AF Micro-NIKKOR 60mm/F2.8   Tags: ---

液状化

液状化
【2011.3 八景島近く NIKON F4 KODAK TX400】         


    災害によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに
          一日でも早く復興することを心から願います
  




写真は震災直後、たまたま八景島の近くを通りかかったときに写したもの

先日もお話ししたように、この辺りも工場や倉庫が建ち並ぶ埋め立て地帯

地が裂け、左側の車線は5cmくらい落ち込んでしまっています

さらに幾多の亀裂からは泥水が湧き出ており

液状化現象が起こったことがわかりますね

このへんの情報は、あまりメディアには取り扱われていませんでしたが

このような場所が周辺には少なくとも10箇所くらいありました



さて皆様はこの連休いかが過されただろうか?

今年はウィークディを二日休むと10漣ちゃんの大連休だそうで

後半戦となった大型連休を堪能されている方も多いと思います

会社のある鎌倉は3日4日はものすごい人出でした

震災の影響で自粛ムードだった3月4月のぶんを、まさに取り戻すかのように・・


さあみんなでお金を使って、日本の経済を助け合いましょう!






スポンサーサイト

テーマ モノクロ    ジャンル 写真


18
Category: Ai AF Micro-NIKKOR 60mm/F2.8   Tags: ---

逃した!

たばこ屋の犬
【2011.1 お仕事中】                クリックで大きな画像が見られます





先日、川崎大師付近で道に迷っていると

なんとも昭和のにおい漂うたばこ屋の店先に犬が?

たばこ屋小町さながら、道ゆく人をながめているではありませんか

あわててUターンして、車中からカメラ構えて

シャッターを押すタイミングで中へと戻っていってしまった

あらら残念!

でも振り返っているサマが、なんとも可愛いでしょ!?



しかし「おくりものにたばこ」ってのが懐かしい

いまの世の中、たばこ送られるってのも微妙だねぇ

だいっキライなあいつに送り付けてやろうか(笑)


テーマ 犬の写真    ジャンル 写真


29
Category: Ai AF Micro-NIKKOR 60mm/F2.8   Tags: ---

ぐちゃぐちゃ

首都高
【2010.11 首都高湾岸線】             クリックで大きな画像が見られます




ひと月・ふた月も前のことはつい最近の出来事のように

昨日・一昨日のことはちょっと前の出来事のように

「あれ今日は何曜日だったか?」

頭の中で日にちは追っていても曜日が出てこない・・・


なんだかね「やらなきゃいけない事」を神輿に乗せて

わっしょい!わっしょい!!って担いでいるみたい


もうね、開き直りが肝心ですよ!?

テーマ 夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け    ジャンル 写真


07
Category: Ai AF Micro-NIKKOR 60mm/F2.8   Tags: ---

ボクの眼、アナタの眼

さび
【2010.11 長浜ホール】クリックで大きな画像が見られます




諸説いろいろありますが、ファインダーを覗いたときの画角

僕の眼はだいたい60mmかな 

あなたの眼は?

いろんな方に聞くとだいたい35~60mmくらいに収まるようです

50mm前後、いわゆる標準レンズ画角ですね


会社の人が緑内障の疑いがあるって

気が付かないうちにどんどん視野が狭くなるのかぁ

眼だけじゃなく心もそうならないように気を付けよう


それはそうと元気な眼のうちに、もっと真っすぐ撮る練習しなきゃ(汗)

心が折れ曲がっているから真っすぐ撮れないの?

なら方眼スクリーンに戻そうかな・・

テーマ 写真日記    ジャンル 写真


06
Category: Ai AF Micro-NIKKOR 60mm/F2.8   Tags: ---

ユメ

色の川
【2010.11 アサバアートスクエア】         クリックで大きな画像が見られます




久しぶりに夢を見た

よく言われるけど、夢って毎晩見ていて

覚えているか?覚えていないか? ってことらしい


子供のころからよく見る夢

出発点と到着点は現実の世界

途中のルートが非現実の世界?

"?"とは、あまりに現実っぽくて実際に存在するのではないかと思わせる道

歩きでも自転車でもバイクでも車でも・・・

夢の中では何度も通ったことがあるらしく

たいがい誰かと供にし、道案内しているのだ

目覚めたのち、夢の中のルートを頭の中の記憶と照合するも

どうしても存在しない道ばかりなのだ

ただし途中途中に出てくる場所や場面は実在する建物だったり交差点であったり・・・



でも本当は存在するのかも知れないね? って思っているんだ

「あーこの景色どこかで見たことがある」デジャブー現象だっけ?

子供のころ一度だけ経験がある

目の前が突然明るくなり、頭の中に冷たい空気がすぅ~と通り抜けた

その感覚はいまでも覚えている


そういうの好きなんだ










テーマ 写真日記    ジャンル 写真



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。